練馬店

TEL 03-5933-3832

〒178-0061 東京都練馬区大泉学園町4-29-34

本店

TEL 0465-70-2000

〒250-0117 神奈川県南足柄市塚原3042

BMW MINI オーバーヒート

今回の修理

高速道路走行中、冷却水漏れによる、オーバーヒート!
冷却水不足のまま、走行した為、走行不能。

 

工場に入庫して、エンジン始動。
調子が悪い 

状況により、ヘッドガスケットが抜けていると思い、エンジオイルを抜いたところクリームシチューのようなエンジオイルが・・・( ;∀;)
ふた昔前ぐらいのエンジオイルだと、1時間も放置しておけば水とオイルが完全に分離して、キレイな冷却水が先に流れ、オイルが後から流れてきました
最近のオイルは、水分をちゃんと取り込むようにできているので、一日おいても👆の写真のようなクリームシチューようになってます

 

エンジンを分解して、点検に入ります!

 

高熱で損傷した部品がないか、慎重に分解します



作業が、長期になりそうなのでオイルに浸します

 

チェーンガイドも割れ始めているので、交換
割れていなくても、交換ですね!

 

ここまでの部品に異常は、なさそうです

 

シリンダーの中まで、冷却水が混入

 

長期になりそうなので、外したパーツは全てビニールで保護



シリンダーヘッドの気密テスト
オーバーヒートさせたヘッドは、バルブシートが熱によって落ちてしまう事がよくあるので分解して点検!

 

シリンダーヘッドの歪みを測定
規定値以上の歪みが生じているようです
シリンダーヘッドを内燃機屋さんで面研磨、水圧テストに出します

 

シリンダーブロックのUP面の歪みを測定
シリンダーの気密テスト
歪みは規定値いっぱいギリギリ!

 

ピストンリングにややへたりがあるので、交換

あとは、内燃機屋さんから上がってきたシリンダーヘッドに、オーバーサイズのヘッドガスケットと共に、組み上げていきます
これで、帳尻があうはずです
シリンダーヘッドが、若干歪んでいる為カムシャフトを取り付けたときに、ストレスなく回転するか確認したところ、若干重いですが許容範囲なのでOKとします

あとは、組み上げてエンジン始動!
気持ちよくエンジンが回っているようです (≧▽≦)
1日試運転をして、納車になります


翌日・・・納車の日 ( ゚Д゚)
冷却水が空っぽだったので・・・
冷却水を補充したところ、永遠に入っていきます・・・( ゚Д゚)
エンジンのドレンから、入れた水が2秒で全て出てきます
そのスピードで漏れてくるということは、エンジン内部のメクラが飛んだのかな・・・⁈

水圧テスト、出したのになぁ・・・(T_T)
気持ち悪いので、スペアエンジンをオーバーホールして載せ替えることにしました

下ろた疑わしいエンジンは、あとで検証・・・・・・・・・・・・・・やるかな・